BASIC & ACCENT

自由が丘にある物販店舗の内装改修案件。自由が丘のまちの魅力的は、ゆったりとした並木通りに面し、店舗が魅力的な外観を持ち、全体性が見えることだと考え、本店舗内でも同じような空間構成を考えました。デザインコンセプトは「SHOPPING SCAPE」。エントランス付近にはグリーンを配し、床のパターンも外部にあわせることで、まち歩きの延長で自然と店内に入ってしまうような店舗としました。店舗の正面に見える大テーブルには、BACIC&ACCENTが発信するライフスタイル商品が一同に見渡せるものとし「ライフステージ」と名付けました。その周りに商品のカラーバリエーションやサイズ展開が配される構成とした。また外部に面したガラス部分はイベントゾーンとし、季節によって変わるショーウインドウとしました。毎月模様替えするファサードは自由が丘のショッピングを楽しいものに変えてくれています。(UDS在籍時の実績)

その他の実績

すべての実績