第1期を無事完了。

2018年8月1日

昨日、7/31をもちまして、株式会社to-rippleの第1期が終わりました。
無事終われたことが何よりです。
独立して最初のということで、不安もいっぱいありましたが、なんとかなりました。

幸いにも多くの方にお声がけいただきPJも多数稼動中です。
本当にありがたいことです。

このタイミングで1年を振り返ろうかと思います。

■良かった点
1.営業がしっかりできた。
今までお付き合いのあったクライアントや友人からの紹介で新規のお客様とお仕事をさせていただけました。これは本当に嬉しいことです。1人しかいないので、営業も設計も企画もしなければならない私にとって、クライアントや友人が紹介してくれることは本当に助かります。引き続き楽しく仕事させてください。

2.チームを作ることができた。
規模の大小に関わらずチームを組織し、案件に取り組むことができました。1人でやっている事務所なので、パートナーがとても大事になります。そのパートナーといい関係を築けたと思います。

3.大学OBのネットワークができた。
CIATをはじめ、阿部研の集まりなど、東北大学のネットワークがつながってきています。同級生もみんな少しづつPJをまわせるようになってきていて、これからさらなるコラボレーションができそうです。

■悪かった点
・健康を維持できなかった。
6月に髄膜炎になり 2週間入院してしまいました。人生初の入院です。色々疲れが溜まっていたのでしょう。。。これによっていろんな方に迷惑をかけました。やはり体が資本。しっかり休んでしっかり働く。毎日のリズムを整えていきたいです。

・自分の作業量の把握ミス
自分がどのくらい作業ができるのかなどを把握できていないため、業務を受けすぎた傾向にあります。クオリティを保つためにも、この管理はしっかり行いたいです。

■来期の目標
来期は海外案件に注力したいです。もちろん国内も注力しますが(竣工ラッシュ(5件))、竣工するということは仕事が完了するということでもあるので、次の仕事を仕込んでいく必要があります。それを海外案件としたいです。そのためには英語のコミュニケーションも大事ですね。英語、頑張ろう。